結之介の中国語ノート

このブログは“結之介”が運営しています。小生が中国語の学習中に気になったことをメモ的に書き留めております。

←ランキングに参加しています。
このページの記事一覧  トップページでは新しい順に記事が並び、カテゴリ別では古い順に記事が並びます。
使いこなす動詞“会”
動詞としても助動詞としても使える“会”
動詞として“会”を用いる場合、目的語は「やり方」「使い方」を習得して
操作もしくは使いこなすことを必要とするものに限られる。
たとば、教科目では歴史、数学、地理、生物などには“会”は使えない。

書道、英語、パソコンは“会”が使える。
他会日语。 Ta1 hui4 Ri4yu3. 彼は日本語が出来る。
他会外国话。 Ta1 hui4 wai4guo2hua4. 彼は外国語が話せる。
他会书法。 Ta1 hui4 shu1fa3. 彼は書道が出来る。
他会电脑。 Ta1 hui4 dian4nao3. 彼はパソコンが使える。

このほかにも、「習得して使いこなすもの」には以下のようなものがある。
他会气功。 Ta1 hui4 qi4gong1. 彼は気功が出来る。
他会武术。 Ta1 hui4 wu3shu4. 彼は武術が出来る。
他会蛙泳。 Ta1 hui4 wa1yong3. 彼は平泳ぎが出来る。
他会麻将。 Ta1 hui4 ma2jiang4. 彼は麻雀が出来る。
他会象棋。 Ta1 hui4 dian4nao3. 彼は将棋が出来る。

ちなみに、数学や歴史には“懂”dong3を使う。
他懂数学。 Ta1 dong3 shu4xue2. 彼は数学が出来る。
他懂历史。 Ta1 dong3 li4shi3. 彼は歴史がわかる。

結之介は「結之介の中国講座」を開講中です。お時間がありましたらお立ち寄りください。
| comments(0) | trackbacks(0) | [中国語語法]動詞 | TOP↑ |