結之介の中国語ノート

このブログは“結之介”が運営しています。小生が中国語の学習中に気になったことをメモ的に書き留めております。

←ランキングに参加しています。
<< ステップ39 ちょっと待って | main | ステップ41 お風呂に入っているところです >>
このページの記事一覧  トップページでは新しい順に記事が並び、カテゴリ別では古い順に記事が並びます。
ステップ40 まとめステップ37〜ステップ39
放送は録音することをお勧めします。再放送もありますが、都合のいい時間にリラックス
しながら学習しましょう。
中国語を「読む」「書く」は二の次で間に合いますから、
中国語の「音」と「言葉」はピンインで確認する習慣をつけましょう。
御茶ノ水女子大学の相原 茂 教授は「中国語、発音良ければ、半ばよし」という
名言?!?!があります。

★今週の耳たこ★
ステップ37では願望を表す助動詞“想”の学習でした。
助動詞を使った文では、助動詞を否定形にし、助動詞で反復疑問文を作ります。
主語 助動詞 動詞 目的語
肯定文 游乐场。
否定文 不想 游乐场。
“吗”疑問文 游乐场吗?
反復疑問文 想不想 游乐场?

ステップ38では主述述語文の学習でした。
主語+述語。の述語の部分に主語+述語の文が入る文型です。
少し乱暴なまとめですがこれまでに学習した文型が述語の部分に入ります。
主語 述語
主語 動詞述語文。
主語 名詞述語文。
主語 形容詞述語文。
これまで学習した、動詞述語文、名詞述語文、形容詞述語文、主述述語文の四つが
中国語の基本四文型です。
これからは、上の基本四文型にいろいろな要素がついてきます。
段階的にしっかり学習していきましょう。

ステップ39では
・動詞+“一下儿”
・意思を表す助動詞“要”の学習でした。

「ちょっと〜する」と表現するには
動詞+“一下儿”と動詞を重ねる方法がありました。
・看一下儿
・收拾一下儿
・散步一下儿

動詞の重ね言葉にはAA型、ABAB型、AAB型がありました。
AA型にはA“一”Aという形もあります。

単音節の動詞は2パターン
・看看
・看一看
上の3つは意味の違いはほとんどありません。
使う時のシーンやタイミングなど感覚的な違いになります。

2音節の動詞は1パターンずつとなります。
・收拾收拾
2音節の動詞で、動詞の構造が動詞+目的語の形をしている動詞はAAB型になります。
・散步⇒散散步

重ね言葉を作れない動詞もあります。
所有や存在を表す動詞 “有”“在”
心理行動を表す動詞 “爱”“恨”“喜欢”
知覚作用を表す動詞 “知道”“看见”“觉得”
などがあります。

意思を表す助動詞“要”
テキスト、放送では軽く触れていたので、今後しっかり学習するかもしれませんが
ステップ37の願望を表す助動詞“想”と比べながら学習しましょう。
助動詞“要”の否定には“不”ではなく“没”を使います。
疑問文には“想”を使います。
理由は、今後学習すると思うので、今はこのまま理解してください。
主語 助動詞 動詞 目的語
肯定文 汽水儿。
否定文 不要 汽水儿。
“吗”疑問文 汽水儿吗?
反復疑問文 想不想 汽水儿?


★今週のスキット★
このページでしっかり中国語と中国語の読み方を学習しましょう。
日本語で意味を考えてはいけません。中国語を発音しながら
言葉の意味をイメージしましょう。
★総合ドリル★
中国語の音から中国語が理解できるよう練習しましょう。
中国語の文を書く習慣を身に着けましょう。パソコンの普及で漢字を覚えなくなって
しまいましたが、言葉を覚えるには発音して書く作業が効率がいいようです。
指示代名詞が主語の場合と目的語になるときの法則に注意しましょう。

★コラム★ 言葉が違えば言葉に関する常識も違います。
中国語学習の豆知識として、中国での常識として、頭に入れておきましょう。

中国では「駅弁」というものがなく長距離列車などでは温かい食事が販売されます。
中国の人は茶葉を入れたマイポットを持つエコな人が多くお湯は無料で振舞われます。
現在はどうか分かりませんが10年ほど前は路上の屋台や街中の食堂では
「冷たいビール」とオーダーしないと平然と常温ビールが運ばれてきました。
お寿司や、おにぎりなど温かくない主食というのは中国では新食感なのかもしれません。
韓国でも「駅弁」の存在はなく、韓国の人と「弁当」の話をしたときに、
温かくないご飯は「食べ物ではない」という感覚があるといってありました。
余談ですが小生はコーヒーショップや喫茶店では真夏でもホットコーヒーをいただきます。

明日は応用編ですが、入門者の方も金曜日の前半ウォーミングアップに挑戦しましょう。
「体で覚える語学」を体験できます。
今週放送を聴けなかった方、日曜日の朝に月曜〜木曜日放送分を一気に放送されます。
放送時間はテキストで確認してください。
| comments(0) | trackbacks(0) | [NHKラジオ]2007前期中国語講座入門編 | TOP↑ |









http://note.younosuke.com/trackback/554224