結之介の中国語ノート

このブログは“結之介”が運営しています。小生が中国語の学習中に気になったことをメモ的に書き留めております。

←ランキングに参加しています。
<< 有名人からコメント頂きました | main | 動詞述語文−否定文 >>
このページの記事一覧  トップページでは新しい順に記事が並び、カテゴリ別では古い順に記事が並びます。
動詞述語文−平叙文
中国語には基本となる文型が4つあります。小生は、この4つの文型を基本文型四天王と呼んでいます。
ご存じのように一つの文は「主語+述語」で成立します、この述語の最初に置かれる品詞で分類されます。

動詞述語文 中国語は日本語同様、文字間を開ける必要はありません。
 平叙文 否定文 “吗”疑問文 反復疑問文
    主 語 述 語  
中国語 吃中国菜
ピンイン chī Zhōngguó cài.
日本語 私は中国料理は食べます。


述語の最初が動詞または助動詞であれば動詞述語文です。
動詞の中には日本語の感覚では判断しづらい動詞もあるので注意しましょう。
中国語は日本語より主語の存在が大切です。なるべく主語は省略しないで学習を進めましょう。

“吃中国菜。”といっただけでは、状況や言い方によっては相手に対し「中国料理を食べれば」と
勧めているのか、押し付けている表現になったり。
“吃。”だけだと、状況や言い方によっては相手に対し「食え」と命令しているのか、小馬鹿にしていると
受け止められるかもしれません。

上記のように主語がなくても通じない事はありませんが、その時の状況や言い方によって、
ぶっきらぼうな表現になったり乱暴な表現になったりするので、会話文は語順も含め確実に身につけましょう。
日本語では「中国料理、食べる、私」と言っても云わんとすることは何とか通じるかもしれませんが
中国語では「中国菜,吃,我」と言うと、全く意味は伝わりません。
下手すれば「中国料理にして私を食べて。」と、捉われても仕方がありません。


上の例は極端ではありますが、ない話ではありません。
それほど、中国語は語順が大事になってきます。
その理由は、日本語のような言葉の「活用」や英語や諸外国語にある語形変化がないからです。

中国語の基本文型は、この主語(S)+動詞(V)+目的語(O)で構成される動詞述語文です。
| comments(0) | trackbacks(0) | [基本文型四天王]動詞述語文 | TOP↑ |









http://note.younosuke.com/trackback/897191